ダイヤモンドホイール


砥粒にダイヤモンドを用いたホイール(砥石)はセラミックス、ガラス、各種結晶材料の加工に適しており、CBN(ボラゾン)を用いたホイールは高硬度鋼材(スティール)の加工に適しています。これらのホイールは多種多様で加工目的に合わせた品目を多数取りそろえています。
ボンドの種類 特徴 表示
メタルボンド 薄刃のカッティングソーの製作に使われる金属系のボンドです。研磨用のダイヤモンド・ホイールにも使用され、砥石の耐久性の面で優れています。 MCO、MC2、M7、MOB
レジンボンド 超硬合金(WC)の研磨用に使用されるフェノール樹脂系のボンドで切味重点で、耐熱ボンド(ユーマックス)はポリイミド系のボンドで重研削に向いています。 BSRW、BKI、BUMAX、BRS
電着ニッケルボンド 電気メッキ方法によるニッケルボンドでスチール製の合金に砥粒を1〜2層に電着できます。形状の複雑なホイールに適しています。



加工例

バンドソーマシン
加工例:単結晶シリコンの面研削
ツール名 : メタルボンドホイール

バンドソーマシン
加工例:アルミナパイプの円筒研削
ツール名 : レジンボンドDストレートホイール


加工例:W.Cの1パス形成研削
ツール名 : ユーマックスDホイール


ボラゾン砥石(内研用)
ツール名 : レジンボンドボラゾン砥石(内研用)


加工例:焼入鋼の円筒研削
ツール名 : メタルボンドボラゾン


加工例:ねじタップの溝形成研削
ツール名 : ボラゾン成形砥石